閉じる
閉じる
閉じる
  1. そもそも労働安全衛生法の目的って?
  2. 衛生管理者について(安全衛生法12条)
  3. 労災保険の二次健康診断等給付
  4. 両立支援
  5. さんぽセンターに行ってきたという話②
  6. さんぽセンターに行ってきたという話①
  7. 50名超えて産業医を選任する時にやらなければいけないことと
  8. 改正労働安全法についてのまとめ
  9. 札幌旅行
  10. 産業医科大学主催の夏期集中講座を受講してから考えたいくつかのこと
閉じる

愛知県で活動する産業医杉浦のブログ

改正健康増進法 受動喫煙防止について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

改正健康増進法について覚えとしてまとめておきます。
最低限必要と思うことのみ掲載しましたので、詳しくは厚労省のホームページをご確認ください。

改正の趣旨

基本的考え方1
望まない受動喫煙をなくす

ただ法律の基準を守るための対策をするのではなく(行動)、考え方も理解した上での対策が望まれます。

基本的考え方2
受動喫煙による健康影響が大きい子供、患者等に特に配慮

基本的考え方3
施設の類型、場所ごとに対策を実施

1敷地内禁煙

学校・児童福祉施設、病院・診療所、行政機関の庁舎等
 *屋外に喫煙場所設置可

受動喫煙による健康への影響が大きい、子どもや病気を持った方への配慮が根拠

特定屋外喫煙場所の規定(以下の3点を守る)

・喫煙をすることができる場所が区画されている(例…パーテーション等による区画)
・喫煙することができる場所である旨を記載した標識を掲示する(標識は国が規定)
・施設を利用する者が通常立ち入らない場所に設置する(建物の出入り口ではなく、建物裏や屋上を想定)
 ※近隣の建物に隣接するような場所に設置することがないようにするといった配慮をすることが望ましい。

2原則屋内禁煙

事業所など
 *喫煙専用室ならびに、加熱式たばこ専用喫煙室の設置可能

喫煙室がある場合、標識の掲示が義務付けられます
改正法では、喫煙可能な設備を持った施設には必ず、指定された標識の掲示が義務付けられています。紛らわしい標識の掲示、標識の汚損等については禁止されており、罰則の対象となります。

また、喫煙室をもうける場合は以下の条件を満たす必要があります。(技術的基準)
・出入り口において室外→室内に流入する空気の気流が0.2m/秒以下である
・壁、天井等により区画されている(床面から天井まで仕切られ、タバコの煙を通さない材質・構造であること)
・タバコの煙が屋外または外部の場所に排気されている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 職場における腰痛予防対策

  2. 労災保険の二次健康診断等給付

  3. 産業医学基礎研修会 夏期集中講座(三日目)2019年7月31日

  4. 産業医活動日記 1

  5. 職場巡視が産業医の基本というけれど本当に大切だと気づいた話

  6. さんぽセンターに行ってきたという話②

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

産業医大お勧め書籍


使える! 健康教育・労働衛生教育55選
その他、産業医科大学推薦のお勧め書籍は
お勧め書籍
ページ上部へ戻る