閉じる
閉じる
閉じる
  1. リンク集
  2. 巡視内容が生かされなければ意味はないけど、、、と少し悩んだ話(産業医活…
  3. 改正健康増進法 受動喫煙防止について
  4. 産業医の仕事は巡視や衛生委員会の出席、健康診断の判定だけじゃないよとい…
  5. 職場巡視が産業医の基本というけれど本当に大切だと気づいた話
  6. 産業医活動日記 1
  7. 一日の終わりに飲むお酒がとびっきりおいしくなる話
  8. マインドマップを使って日本地図を覚える
  9. 風疹抗体検査
  10. 7つの習慣に学ぶ手帳術を読み実践しようという話
閉じる

旅好き産業医ブログ

産業医学基礎研修会 夏期集中講座(一日目)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホでご覧になられている方は、画面下にある【SIDEBAR】から↓

記事カテゴリーなどを見ることができます。

『旅好き産業医ブログ』管理人の杉浦です。
産業医科大学主催の産業医学基礎研修会 夏期集中講座に行ってきました。

貯まりまくったANAマイルの特典航空券を使い飛行機を予約。

初日は午後13時からの講義だったため、朝早く地下鉄藤が丘駅からセントレア行きバスに乗りセントレアへ。

飛行機に乗り込み、行ってきまーす。

福岡空港に到着して撮影。
これまで何気なく見ていた飛行機や空港ですが、産業医となればここで働く人たちにどのようなリスクがあるのか?ということも考えますね。


福岡空港にて子どものお土産のモケケが売っている店をチェックし、地下鉄で博多へ移動。


熊本行きの九州新幹線がいたので撮影

博多から小倉へ新幹線で移動し(新幹線だと一駅なんですね、めちゃ近いので博多まで遊びに行けそうです)、しばしカフェで休憩。

小倉駅に到着。
会場は小倉駅北口を出て徒歩10分くらい。
途中、動く歩道もあり楽ちんです。


小倉駅北口にいたキャプテンハーロック?銀河鉄道999のキャラクターを一応撮影。
しかし特に興味がないため、この場所にこの銅像が立っている意味は考えません。

小倉はあいにくの曇り空で(講義中時間50ミリくらいの雨が降ったそうです)蒸し暑かったですが、会場となる北九州国際会議場は徒歩10分くらいです。

会場は北九州こくさい会議場ですが、途中になんちゃら展示場という大きな建物があり、まぎらわしい。
ここかな?と迷っている先生もチラホラ

この展示場を過ぎてさらに海の近くに歩いていくと、会場となる北九州国際会議場があります。


会場に向かう先生方

会場入り口にて撮影

事前に送られてきた受講者証のバーコードで出席確認をしていただき研修会場へ
(会場の出入りの際は必ず受講者証を通さなければならず、出欠席がすぐわかります)

テキストと眠気対策


初日は13時から19時過ぎまでの半日講義でしたが、さすがに疲れました。
(しかし産業保健は面白すぎる!)
授業が終わった瞬間に先生方が一斉に帰ります。

いただいたテキスト

いただいた本のうち労働衛生のしおりは毎年発刊されるらしく、産業医を本格的に行うのであれば必読のようです。
産業医をする最低限必要な知識がコンパクトにまとまっているためこの本の内容くらいは頭の中に入れておいたほうがいいそうです。

労働衛生のしおりをアマゾンでチェック

産業医になると、「先生今度の安全衛生委員会で少し話をしてくれませんか?」と頼まれることも多いようです。
普段の臨床で忙しいの準備する時間がなかなかとれませんから、そんな時に役に立つのがこちらの本。
使える! 健康教育・労働衛生教育55選

会場でも販売されていましたが、一番人気があり多くの先生が購入されていました。
Amazonでも人気の本で、すぐに売り切れてしまうためどんどん価格が高くなっているようです。

会場で購入するか(3200円+税)、必要ならば早めにAmazonで購入されることをおすすめします。

杉浦

産業医学基礎研修会 夏期集中講座で勧められていた書籍一覧

産業医活動におすすめの書籍一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 産業医学基礎研修会 夏期集中講座(三日目)2019年7月31日

  2. 産業医学基礎研修会 夏期集中講座に二度目の参加を決めました

  3. 健康経営に対する企業の取り組みについて調べてみました

  4. 健康の保持増進措置

  5. 産業医の仕事は巡視や衛生委員会の出席、健康診断の判定だけじゃない…

  6. 改正健康増進法 受動喫煙防止について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

産業医大お勧め書籍


使える! 健康教育・労働衛生教育55選
その他、産業医科大学推薦のお勧め書籍は
お勧め書籍
ページ上部へ戻る