ブログ

熱中症予防の講話

愛知県を中心に活動しています。元研修講師の肩書ももつ産業医の杉浦です。 産業医の選任(専任)に関するお問い合わせはこちら↓

来週は、職場・現場の熱中症予防について講話のご依頼を受けているので準備に追われています。

私たち産業保健職は医学のことや産業保健のことばかり考えていますが、現場の方たちがいつもいつも、健康の事を考えているわけではありませんし、熱中症を学ぶ時間をしっかりとるのはなかなか難しいと思います。

そこで、産業医としてはその職場にあった熱中症対策のミニマムをお伝えする必要があります。

が!!
まとめればまとめるほど、

「厚生労働省のリーフレット使って説明した方がよくない??」と思えてきます。

私は「どうしてそうなるの?」「どうしてそうしなければならないの?」という理論や背景知識が大好物なんですが、現場の人たちには、知識や理論以上に、すぐに実践できる内容が必要だと思います。

そういう意味では、厚労省のリーフレットはとてもよくまとまっています。

heatstroke_3

ダウンロード

WBGT

ダウンロード

heatstroke_check

ダウンロード

難しい話よりも、まずこういった実践的な内容がまとまったリーフレットをもとに、職場の熱中症対策について話し合うのがよいかもしれません。

講話か・・・
セミナーや研修の仕事はやはり、スーツを着ていく必要がある。

夏場は暑いんだよな・・・

杉浦

産業医の選任(専任)に関するお問い合わせはこちら↓

関連記事

  1. 産業医学基礎研修会 夏期集中講座(三日目)2019年7月31日
  2. 50名超えて産業医を選任する時にやらなければいけないことと
  3. テレワークプラン??
  4. 巡視内容が生かされなければ意味はないけど、、、と少し悩んだ話(産…
  5. 産業医学基礎研修会 夏期集中講座(一日目)講義内容
  6. 産業医の年収や給与はいくらくらい?
  7. 健康経営に対する企業の取り組みについて調べてみました
  8. 長続きしない人は必読!私たちが結果を出せない時に何が起こっている…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

産業医大お勧め書籍


使える! 健康教育・労働衛生教育55選
その他、産業医科大学推薦のお勧め書籍は
お勧め書籍
PAGE TOP