閉じる
閉じる
閉じる
  1. リンク集
  2. 巡視内容が生かされなければ意味はないけど、、、と少し悩んだ話(産業医活…
  3. 改正健康増進法 受動喫煙防止について
  4. 産業医の仕事は巡視や衛生委員会の出席、健康診断の判定だけじゃないよとい…
  5. 職場巡視が産業医の基本というけれど本当に大切だと気づいた話
  6. 産業医活動日記 1
  7. 一日の終わりに飲むお酒がとびっきりおいしくなる話
  8. マインドマップを使って日本地図を覚える
  9. 風疹抗体検査
  10. 7つの習慣に学ぶ手帳術を読み実践しようという話
閉じる

旅好き産業医ブログ

日本医師会認定産業医の資格取得(認定)方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『旅好き産業医ブログ』管理人の杉浦です。

産業医取得に必要な単位数を医師会主催の講習や産業医科大学主催の集中講座などで履修したら、産業医資格の取得申請をする必要があります。

1.都道府県医師会のホームページを確認する

産業医資格の申請は勤務地のある都道府県医師会に申請書を提出することになっています。

①申請書を郵送してもらう

僕が住む愛知県の場合、産業医申請書は医師会窓口でいただくか郵送してもらう必要があります。
詳しくは愛知県医師会の参照ページ

②申請書が届いたら記載して郵送

申請書に必要事項を記入し、
・申請書を日本医師会と都道府県医師会に送る
・基礎研修50単位以上のカリキュラムを修了したことが証明されている手帳や認定書
・非医師会員の場合医師免許のコピー
・申請手数料の振り込み

をします。

審査にはかなり時間がかかるようですので、できる限り早く申請した方がいいと思います。
夏期集中講座を受けた人は8月中に申請すれば11月末頃に認定証が送られてきますが、9月に入ってから申請すると、認定証の送付は1月末になるそうです。

愛知県医師会の例ですが、締め切りは8月末ではなく、8月24日でした。

これに間に合わないと、次は10月受付、12月以降産業医認定書送付になります。

早めの産業医認定を希望される場合は、まえもって資料をとりよせておいたほうがいいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 産業医学基礎研修会で紹介されていた本のまとめ

  2. 資格試験に短期合格する方法

  3. 長続きしない人は必読!私たちが結果を出せない時に何が起こっている…

  4. 産業医学基礎研修会 夏期集中講座(二日目)

  5. 健康経営に対する企業の取り組みについて調べてみました

  6. 産業医や勤務医って学会費用などを経費にできるの?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

産業医大お勧め書籍


使える! 健康教育・労働衛生教育55選
その他、産業医科大学推薦のお勧め書籍は
お勧め書籍
ページ上部へ戻る