閉じる
閉じる
閉じる
  1. そもそも労働安全衛生法の目的って?
  2. 衛生管理者について(安全衛生法12条)
  3. 労災保険の二次健康診断等給付
  4. 両立支援
  5. さんぽセンターに行ってきたという話②
  6. さんぽセンターに行ってきたという話①
  7. 50名超えて産業医を選任する時にやらなければいけないことと
  8. 改正労働安全法についてのまとめ
  9. 札幌旅行
  10. 産業医科大学主催の夏期集中講座を受講してから考えたいくつかのこと
閉じる

愛知県で活動する産業医杉浦のブログ

これだけは押さえておきたい大人の学習についての知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

学習の4段階

・できていないことに気づいていない
・できていないことに気づいている
・意識してできている
・無意識にできている

人が学習・成長するチャンスを見逃さないためには?

・初めて管理する立場になった時
・管理する人数、予算、職域が増えた時
・職の異動が起こった時
・取引や仕事で失敗した時
・希望した仕事につけない、あるいはさせんの時
・パフォーマンスに重大な問題を控える部下に直面した時
・現在の仕事への不満があり、新しいキャリアに挑戦した時
・離婚、病気、死などの個人的な危機やトラウマを体験した時。

行動が生まれる研修に必要なこと

・日頃のモヤモヤに対して具体的なヒントをもらう

・今までの自分があまりにもひどかったという気づき
⇒「こんなこともできていないなんて、なんとかしなきゃ」

・継続した仕組みがあった研修
例:職場に帰った時に、やらざるを得ない仕組みがあった

・すぐにでもできる割に効果が高いスキルを教えてもらった時
⇒「こんなに簡単なことで変われるんだ。やらなきゃ損!」

・説明する人が一生懸命だった

・自分の次のアクションが決まっている時
⇒聞いた内容をどこかで説明しなければならない状況など

・「できそう」「できた」という感覚が得られた時

・現場に戻った時をイメージできた時
⇒研修内で、現場の実践をシュミレーションした
逆に、行動する気が起きなかったケースで一番多かったのが、講師の人を信頼できなかった時や
共感できなかった時。

~ガイアモーレ 須子はるかさんのメルマガより引用~

コルブの学習サイクル

そのうち記載するつもり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. マインドマップを使って日本地図を覚える

  2. 効率がいいTO DO管理の方法を思いついたのでここに報告します

  3. 7つの習慣に学ぶ手帳術を読み実践しようという話

  4. 風疹抗体検査

  5. 一日の終わりに飲むお酒がとびっきりおいしくなる話

  6. チームビルディング研修をいくつか受けて学んだこと

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

産業医大お勧め書籍


使える! 健康教育・労働衛生教育55選
その他、産業医科大学推薦のお勧め書籍は
お勧め書籍
ページ上部へ戻る